資料請求
MENU
Ffl mock

会話広告fanpの
LINEトライアルプラン

LINE Ads Platform CPF × LINE BOT

LINEのインフィード広告からLINE BOTを通じ、コンバージョンを獲得

Mock2

LINE Ads Platform CPFとは

LINE Ads Platform CPFとは、LINEのタイムライン上やニュース面などの各種サービスに広告を配信できるサービスです。
CPFとは、Cost Per Friendの略で「友だち追加課金型」での広告配信を表しています。

Cpf

2018年2月22日、LINE Ads Platform上でLINEボットに友達を集客できる
LINE Ads Platform CPFというサービスがリリースされました。

「友だち追加課金型」で広告配信が可能、その結果安定的な広告効果が実現できます。
LINEスタンプを活用したキャンペーン施策よりも低コストで開始することができ、
企業はより柔軟にプロモーション活動を展開することが可能になりました。

Facebook Messengerでの実績

CEOメッセージ

" Communication Tech 元年 "

昨今、様々なチャットサービスやスマートスピーカーが現れる中、"コミュニケーションインターフェース"とどう向き合い、どう活用していくかが問われています。
私たちZEALSは「広告×チャットボット」というカテゴリーを"会話広告"と名付け、クライアント様の広告効果を最大化すべくサービスを提供しております。業界のパイオニアとして、主にこれまでは「Facebook広告×Messengerボット」を軸に「fanp」を展開してまいりました。たくさんのご迷惑をお掛けしながらもチャンスをくださるクライアント様のお陰で、業界No.1の実績を積み上げることができました。

その中、よく頂いていたのが『LINEではできないの?』というお声でした。LINE様においては会話広告の提供が公式で公開されていなかったこともあり、弊社では積極的に展開できておりませんでした。
ところが先日、2018年2月22日、LINE様が「LINE Ads Platform CPF」という新たな広告プランの提供を開始し、弊社がこれまで培ってきた会話広告のノウハウ・データ・サービスを"LINE"というプラットフォームにおいても各クライアント様にお届けできるのではないかと考え、2018年2月26日、本トライアルプランをリリースいたしました。

私たちZEALSの強みは、7倍のCVRを叩き出すコミュニケーションデザインです。
本トライアルプラン、現時点では管理画面もございませんので、ご意見を頂きながらお客様と共に創り上げていきたいと考えております。
「会話広告:LINE Ads Platform CPF×LINE BOT」というカテゴリーを、そして未来、音声インターフェースにも拡張され、“販売従事者・セールスパーソン”を代替していく可能性を秘めている“Communication Tech”を私たちと進めたいと想って頂けるお客様をお待ちしております。

お問い合わせ

料金や導入など、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

  • お名前
  • 会社名
  • 役職(部署)
  • メールアドレス
  • お問い合わせ内容

注意事項

■現時点において管理画面の提供はおこなっておりません。
■お問い合わせ頂いた全ての企業様に本トライアルプランをご提供できる保証はございません。
■本トライアルプランのご提供期間について告知なく終了する可能性があります。